帯 結び メニュー

お問い合わせ

☆ 半幅帯&プチ兵児帯の結び方、「24種類」の帯の結び方ををA4サイズにまとめました。ダウンロードして印刷できます。

 振袖用帯結び 「喜翔」立て矢系

振袖用帯結び 「喜翔」立て矢系

■ 振袖用帯結び 「喜翔」立て矢系 ¥300円

☆ 画像を26枚使って三重紐の使い方や、ヒダの取り方などを詳しく説明してあります。 初心者の着付け師さんの参考になればと思いテキストを作りました。 レパートリーの一つに加えて下さいね^^ 着付けのポイントも分かりやすく説明しています。

今回バージョンアップして画像を増加しましたので 初めての方でも画像の番号順に解説に従って作っていかれますと完成します^^


しゅみのきもの管理人ちびまま


* しゅみのきものサイトにて、袋帯の結び方の変わり結び各種を掲載しています。こちらからどうぞ

(*^_^*)


★ ここでは、他装(人に着付ける)を基準に書いています。

振袖用の袋帯には、たれ先からて先まですべて柄が付いている全通柄と、たれ先から六割だけ柄がついている六通柄があります。
ここでの説明は、六通柄です。
て先から56センチくらいの所まで柄が付いています、ここが一番目の柄止り。そこから先は、胴に巻かれる見えない部分なので柄が付いていません。
二番目の柄止まり、とは、その柄が付いていない箇所が終わる、次の柄が始まる所をさします。
寸法で言うと、て先から大体170センチくらいの所が二番目の柄止まりです。


1 て先から帯幅を半分に折り、て先を左肩に預けます。

て先から二番目の柄止まりを(全通柄だと、て先から170センチくらいの所)左脇にして決めます。


2 1.の前からの写真です。手先は 3.で下に引くので長い目に見えてもOKです。※帯の位置を高めに決めます。


3 後ろに廻して、丁度ピンチを止めてある位置くらいを下に引きしめながら、たれを上に重ね巻いていきます。


4 左脇から廻してきた、たれ、は、後ろ板を入れて前に廻します。

※緩まないように引き締めながら廻します。


5 帯幅を少し、幅だし(半分に折ってあるのを3pほど広げます)をして、前板を入れ後ろへ廻します。


6 後ろまで廻した、たれは、背中央で帯を結びやすいように斜めに折り上げます。


7 さらにもう一度、折り上げ、細くします。


8 半分に折って左肩に預けてある、て先を下に下ろします。


9 結びやすいように背中央までもってきまして、半分に折ります。(4分の一)


10 胴に二巻きして四分の一に折り上げた、たれの上に、て先を重ねて、一結びします。


11 結び目の上から下がっている左が、て先です。

右に、下がっているのが、たれ先です。


12 て、の下に飾り紐を通して肩に預けピンチで止めておきます。

たれ、は、結び際から広げておきます。


* 箱ヒダの作り方


13 たれ、は、結び際から出して広げ、際から箱ヒダを約90p位作りクリップで止めておきます。

先に、左羽根を作ります。
t-3.JPG

14 箱ヒダを結び目の際から裏を見て左肩に向けて約25cmで決め、折り返して表を出し、羽根を作り三重紐で押さえ前で結びます。


15 残りの、たれの箱ヒダを整えて、三重紐の位置から下へ約20cmくらいで決め、残りを内側に折り返して右羽根を作りますが

たれ先を左羽根の押さえてある三重紐の下から通して羽根の真ん中に挟むように位置中央まで、引き上げ、、たれ先を左肩に預けます。


16 残りのたれ先を背中央に寄せて広げて、表を見て、裏箱ヒダを作ります。

半分に折りたたみ、輪が右、たれ先が左へくるように羽根を作り二枚重ねて中央をゴムで止めます。

(裏箱ヒダの作り始めの際が中央位置にくる。ゴムで固定)


17 三重紐の上を帯枕で押さえて、枕紐を前でしっかり結びます。

* 枕に帯揚げをかけます。

☆ ここまでは、たれ先を使って作りました。
t-7.JPG

18 て先を広げて表を見て、て先から約15cmのところに裏箱ヒダを作ります。

* ここからは、て先を使い羽根を作ります。


19 たれ先の裏箱ヒダの羽根の中央に重ねて、飾紐で結びますが、て先の裏箱ヒダは、表を背に向けて重ねます。
t-8.JPG

20 て、の下の残りは、て先のヒダの流れを生かして整えます。

帯締めを通して、決め線を整え、残りを内側に折り上げて、帯締めを前に廻してしっかりと結びます。


21 て先の箱ひだを手前に返して整えます。


* 左右の箱ヒダの羽根をそっと広げて、整え、左の羽根は、肩先に添わせるように整えて完成です^^

☆ 途中画像を増やしましたので飾り紐の色が違いますがご了承願います。


* 三重紐です。

三枚のゴムが重ねて縫い付けてあります。

一番下が@の紐、二番目がAの紐、一番上の紐がBの紐です。