着物や浴衣の着付け方 しゅみのきもの トップ

 趣味の着物へ戻る☆ 画像で見る丈の長い長襦袢の着付け方ポイント!
着付け師のページに戻る!

☆ 画像で見る丈の長い長襦袢の着付け方ポイント!





●丈の長い長襦袢の着付け方ポイント!

レンタルや他の人に借りた場合に長襦袢が長い場合は、胸紐の下にもう一本腰紐を使って裾の長さを調整します。

※袴姿の長襦袢の着付けも、この方法で短くします。

もう一本の腰紐で!!。

着物を短く着付けた下から長襦袢が見えないくらいに調整します。

着物の着姿のポイントは長襦袢にあります。。


長襦袢


補正が出来上がった後は、長襦袢を着ます。

※衣紋の抜き具合を決めたら衿合わせを決めて胸紐を当てて結びます。

* 衿合わせは、振袖(ミスの場合)両前衿は深く、のどのくぼみをかくすように90度くらいに合わせます。
長襦袢


※長襦袢が長すぎて下に引きずっています。

長襦袢の後ろ襟ぬきはコブシ一つ分抜きます。

* 胸紐は当てて結ばず、二度からげて交差します。
この時、両脇の袖付け(身八つ口)を前後合わせて下に引く始末を忘れずにしましょう。

背中のシワは、左右に振り分け脇でタックを取ってスッキリ始末し、下へシワを引いて着物の上にひびかないようにします。
長襦袢


* 長襦袢の丈が長い場合は、腰ひもを使って裾の長さを調節します。

* 胸紐の、その下にもう一本腰ひもを使って裾の長さを引き上げて調節します。


方法


※人に着付けている状態で説明。


胸紐で衣紋も衿合わせも決まっている状態で始めます。

下前の丈の長さを決めて左手で押さえながら上前の長さを合わせて下前の上にかぶせて腰紐を当てて 後へ廻し、後ろの丈も引き揚げながら腰紐を前に廻して結びます。

胸紐と もう一本の腰ひもの間に長さを調節した余りの部分が たぷたぷしているので これを伊達締めで押さえて始末します。
長襦袢


後ろも同じように裾の長さを腰ひもの上に引き上げて調節します。

* 胸紐の下にできたシワを右上の紐の間に挟めてきれいに始末しましょう。

(振袖や着物を着た時にシワがひびかないようにします)
長襦袢


* 調節した余ったシワを伊達締めの中に収めて整えます。

※下に引きずっていた長襦袢の丈がきれいになりました。

※長襦袢の着付けは、衿元から決める。

長襦袢

伊達締めの結び目がゴロゴロしないように絡めて交差して挟み込みましょう。

★身長が低く、長襦袢がさらに長い場合の対処の仕方




@

 レンタルの着物の場合身長が低くて、たまにその方に合っていない場合がありますが慌てず対処しましょう。
上記に書いてあるように胸紐を先に決めます。

方法も上記と同じく腰紐をもう一本使って余り分を胸紐と腰紐の間に整理しますが、伊達締めに収まらない程の余り分であれば着物と同じようにおはしょりを作ります。


A

 @の写真のように…分かりやすいように、わざとピンチでおはしょりを上にあげていますが胸紐の5〜6cm下に腰紐がもう一本結んであります。

長襦袢は対丈で着るのが一番楽なのでしょうが着付師さんは、こんな場面も多々あると思います。


B

 身揚げができたら、伊達締めで押さえます。

※気持ち少し長い目くらいなら後を胸紐に挟み込んで対処できるのですが(^^;こんな場合はそうもいきません。

※袴姿の長襦袢の着付けも、このもう一本の腰紐で着物を短く着付けた下から長襦袢が見えないくらいに短めに調整します。




■ 趣味の着物へ戻る

Copyright(C) 2018 しゅみのきもの All Rights Reserved.